アイドル大好き!!
AKB48ほか色々なアイドル情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モト冬樹、生誕60年記念作で久々の“普通の男”役「充実した時間だった」









写真拡大



笑顔で舞台挨拶に立ったモト冬樹







モト冬樹の生誕60年を記念して製作された映画「こっぴどい猫」が7月28日に公開を迎え、モトをはじめ、共演の小宮一葉、内村遥、三浦英、今泉力哉監督らが都内の劇場で舞台挨拶を行なった。

妻に先立たれて以来、一切小説を書くことをやめてしまった初老の作家・高田(モト)とワケありの美女・小夜(小宮)の出会いを軸に、総勢15人の男女による恋愛劇が展開されている。初の劇場映画「たまの映画」をスマッシュヒットに導いた今泉監督は、「モト冬樹が主演であれば、あとは好きにやっていい」という条件で今回の企画を依頼されたそうだが「なかなか脚本が書けずに遅れてしまい『モトさんと飲ませてほしい』と無理なお願いをしたんです。そこでモトさんが『失敗しても、もう1回一緒にやればいいよ』と言ってくださって気持ちが楽になっけど、プレッシャーも感じました。撮影は昨年の8月に始まりましたが、1年越しで公開を迎えて嬉しいです」とホッとした表情を見せた。

モトは、「今泉さんの世界に入り込みたかった。あの世界に入ったらどうなるのか? という期待と不安がありました。これまでハゲた男やおちゃらけた上司ばかりで、たまには普通の男がやりたかったんですが、充実した時間が過ごせました」と力強く語った。共演陣の年齢も経験値もバラバラの現場だったが、モトは「役者ひとりひとりが素晴らしい! これも今泉監督の力でしょう」と語り、特に映画初出演を果たした平井を「初めてなのにどうやっても僕にはかなわない演技をしている」と絶賛。人生初の舞台挨拶に緊張気味の平井は、「楽しんでいただければ大丈夫です。これから130分頑張ってください」と話すと、すかさずモトが「罰ゲームみたいじゃねえか!」とツッコミを入れていた。

■関連記事
【作品情報】「こっぴどい猫」
モト冬樹、友人・松田聖子の再々婚を「やるねえ!」と祝福
モト冬樹、Dカップ美女30人にデレデレ
内野聖陽、モト冬樹「キモい」宣言に強く同意 「悪夢のエレベーター」初日
AKB48、SDN48ら人気アイドル結集 地球防衛ガールズ結成!?



すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ







http://news.livedoor.com/article/detail/6801902/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


上戸彩 お茶の間の
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120729-00000307-jisin-ent




アイドル大好きMASA
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。