アイドル大好き!!
AKB48ほか色々なアイドル情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴木ちなみ「ポストAKB48最有力候補は完売女王」
 昨年のCM起用社数ランキングで1~10位をほぼ独占したAKB48。今年、その対抗馬としてあげられるのが、紅白歌合戦に初出場したももいろクローバーZだ。アイドル評論家の堀越日出夫氏も推薦する。
「まさに紅白効果が波及するでしょう。『紅白出場』という肩書は企業側が扱いやすくなるし、CM出演本数は増えるのでは」
 同じく、昨年CM大量出演効果でブレイクしたのが剛力彩芽(20)だが、そのカラクリをアイドル評論家の北川昌弘氏が解説する。
「剛力の所属事務所オスカーは、露出を増やして知名度を上げる売り方で有名。次は“平成の吉永小百合”と言われている同事務所の若手・宮崎香蓮(19)が、剛力とのバーターでCM大量出演する可能性があります」
 テレビより映画で活躍する若手女優の存在も見逃せない。
「『告白』や『桐島、部活やめるってよ』などの話題作で印象的な役を演じた橋本愛(16)は要注目。あとはいいCMに巡り合えば、ブレイク確実です」(前出・堀越氏)
 また、若手女優界には「ブレイクの法則」なるものがあるという。
「全国高等学校サッカー選手権のイメージガールに選ばれることです。過去には堀北真希(24)や新垣結衣(24)が名を連ね、昨年は大野いと(17)が抜擢された。彼女も順調に行けばCM露出が増えるのでは」(前出・北川氏)
 同じイメージガール経験者の中でも堀越氏が注目するのが、着実にCM本数を増やしている川口春奈(17)だ。
「彼女は、かつての“リハウスガール・宮沢りえ”を想起させます。よけいな説明はいらない、ただ見ているだけで幸せな気持ちになれるという、アイドル本来の魅力を持っているんです」
 さらに両氏ともに太鼓判を押すのが、清水くるみ(18)である。
「昨年末に桑田佳祐とドコモのCMで共演したことにより、所属事務所の『“期待の新人”として売っていく』という意気込みを感じました」(前出・北川氏)
 さらに、大本命が、自民党の政権復帰で注目を浴びた麻生太郎元総理の“ヒン曲がり口”タレントがブレイク。その最右翼が“新完売女王”こと鈴木ちなみ(23)だ。
「彼女は昨年、表紙が手ブラの写真集『ちなみに…。』を発売したところ、初版がすぐに完売。もともとアヒル口だったが、かっこつけない豪快な話し方から“ヒン曲がり口”タレントとしても注目されています」(雑誌編集者)
 時代が、彼女たちを求めているということか。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
鈴木ちなみ(1)「気持ちよさに漏らした吐息」“淳子超え”で、路線変更した百恵の「青い果実」中森明菜、飯島直子「ブレイク熟女優」ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");コメント0


http://news.livedoor.com/article/detail/7325805/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


回収ヤンマガ「買えた」報告相次ぐ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130118-00000004-rnijugo-ent
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。