アイドル大好き!!
AKB48ほか色々なアイドル情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若者よ、史上最年少25歳で上場の村上太一氏に続け!【山崎元コラム】




 12月7日、東証マザーズに株式会社リブセンスが上場した。公募価格990円に対して初値は1800円、初日の終値はストップ高の2200円と好調な滑り出しだった。この株価に対して時価総額を計算すると、約76億円になる。その後も、2000円台の株価を維持していて、12日の終値は2115円だ。

 リブセンスは、社長の村上太一氏が25歳と、これまでの最年少で上場会社の社長になったことが話題となっている。同社は、2006年にスタートした会社で、これは村上氏が大学1年生のときだという。

 リブセンスは、インターネットによる広告会社と言っていいだろうが「成功報酬型」のビジネスモデルで、アルバイト、正社員、派遣それぞれの分野の求人広告でビジネスを立ち上げてきたが、その後、不動産、中古車などの分野にもビジネスを拡げている。

 たとえば、求人広告のビジネスでは、かつては紙媒体の就職情報誌や、近年ではインターネット上のサイトに求人主が広告費を払って、求人広告を掲載するビジネスモデルが主流だった。

 このモデルでは、広告を取るための営業力やサイトの集客力(ページ・ビューなどで測られる)などが重要だった。それなりにコストがかかる点に、難点と同時に参入障壁があった。

 他方、リブセンスが採用した、求人が成功して採用に至るまで雇い主側で費用のかからない成功報酬型のビジネスモデルだと、求人広告を出す側のハードルが下がる。また、求人広告が集まりやすくなることによって、求職者側も1ヵ所のサイトを見に行くと多くの求人案件にアクセスできるので、求人・求職両方の側にとってメリットがある。

続きはこちら


■関連記事
・社長に最もなりやすいのは“誠”がつく名前の人?みんなが気になる「名前と究極の出世運」の相関関係
・いまの若い人たちは動機づけが弱いと紋切り型で評価することの危険性 慶應義塾大学ビジネススクール教授 高木晴夫
・「好き」で「食う」を実現するには?AKB48とハーバードに共通する成功法則
・日本が世界で勝つ秘訣 エバーノートCEOと上海からの留学生たちに学ぶ【田村耕太郎コラム】
・顧客獲得コストゼロ、顧客継続率96%!全てのビジネスに使える集客の極意「新・家元制度」


http://news.livedoor.com/article/detail/6116455/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000011-mantan-ent




WeLoveIdols
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。