アイドル大好き!!
AKB48ほか色々なアイドル情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AKB秋元才加、東京マラソン2年連続挑戦



写真拡大2年連続で東京マラソンに挑戦することを発表したAKB48の秋元才加 (C)ORICON DD inc. 人気アイドルグループ・AKB48の秋元才加(23)が14日、都内で記者会見を行い、来年2月26日に行われる『東京マラソン2012』に2年連続で挑戦することを発表した。秋元は今年2月、熱愛疑惑報道を受けて「自分のけじめとして」走り、フルマラソン初挑戦で涙の完走(6時間50分6秒)を果たしたが、来年はチャリティランナーとして出場する。目標タイムは「6時間を切りたい。前回はビリッケツのほうだったので、5時間台を目指して、成長した自分を見せたい」と意気込んだ。

【写真】「上からマリコ」MVでは体育教師役を熱演した秋元

 幼少時に母親の母国・フィリピンを訪れた際、貧しい地域の暮らしぶりを目の当たりにし、「将来、フィリピンの子どもたちのために何か力になれたら」と切望していたという秋元は、貧しい村の人々への医療サービスの整備を目的とした「命をつなぐチャリティ」の活動に賛同。「親孝行になるし、お世話になった人への感謝の気持ちを込めて走りたい」と決意も新たにチャリティランナーとして同大会に参加する。

 現在、一緒に走ってくれるメンバーを物色中と明かし「大島優子ちゃんがおしりをペンペン叩いてくれたら走れると思う。AKBは東京ドームを目指しているので、体力をつけられるように、キャプテンの立場を使ってみんなで走りたい」と目を輝かせた。また、今回も完走できたら「選抜に入れていただきたい。「上からマリコ」は(じゃんけん大会)5位のポジションですごくおいしかったんですよ。“横からサヤカ”で、(間奏中に)急に側転で出てきたりして。ミリオンも達成して、(篠田)麻里子様様ですね」と笑いを誘った。

 前回大会から導入されたチャリティランナー(先着3000名まで)は、10万円以上の寄付をすることで大会参加が可能に。今回は寄付金の半分を東日本大震災の復興支援金にあて、残りの半分を「難病の子どもと家族を支援」「環境保護」「発展途上国支援」「障がい者アスリート育成」「暮らしの安心安全支援」の5つの中からランナー自身が選択する。前回は総額7325万3580円の寄付金を集めた。

 秋元も完走した昨年の東京マラソン全完走者の氏名、タイム、ゼッケン番号、都道府県を一挙掲載した『東京マラソン2012公式ガイドブック』(講談社刊)が発売中。秋元のインタビューをはじめ、コース解説や観戦の仕方などを紹介する。


■関連記事
・AKB48から新派生ユニット・DiVA誕生! 東京マラソン完走の秋元才加ら4人組(11年02月28日)
・AKB48・秋元才加、“お泊りデート”報道に涙の謝罪&チームKキャプテン辞任(10年10月16日)
・『東京マラソン2012』チャリティランナー1000人突破 (11年10月21日)
・『東京マラソン2012』当選倍率9.6倍 フルマラソンに28万2824人が応募(11年09月05日)



http://news.livedoor.com/article/detail/6117296/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


「SUPER JUNIOR」シングル2作連続2位獲得&10万枚突破! 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000022-wow-ent




WeLoveIdols
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。